三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》 第13話

<三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》 第13話>定軍山で黄忠に攻められていた夏侯淵は曹操に助けを求めるが、曹操は援軍を送らず、夏侯淵は黄忠に殺される。曹操は"鶏の肋骨"という合い言葉を全軍に広めるが、その意味を曲解して撤退を始め・・・。


三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》 第13話の動画検索リンクまとめ


三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》の配信状況の確認はこちら