三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》 第4話

<三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》 第4話>馬騰は軍を引き連れて城内に攻め込むが、曹操の待ち伏せに遭い、抗戦の末、打ち首に処される。捕らえられて拷問を受けた黄奎は、一味の名を書いた自白状の最後に曹丕の名を書き、自害。荀彧から報告を受けた曹操は曹・・・。


三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》 第4話の動画検索リンクまとめ


三国志 Three Kingdoms 第5部《奸雄終命》の配信状況の確認はこちら