キッドギャング 第10話

チョ・ピョギたちはホングの記憶を取り戻させるために昔の子分たちを呼び、会わせることに成功する。かつては酒さえ飲めば無敵と言われていたホングに、ナリは無理矢理に酒を飲ます。するとホングは一瞬記憶を取り戻・・・。

キッドギャング 第1話

1997年12月19日、韓国の次期大統領を決める投票が行なわれた。時を同じくして、裏社会では夜のボスを決める戦いが繰り広げられていた。その戦いに勝ったデボンとカルナルは組織を離れ、記憶喪失となった敵の・・・。

キッドギャング 第11話

ホングはダンプカーにぶつかった衝撃で記憶を取り戻すが、今度はこの9年8カ月の記憶を失うという状態に陥る。ペレンイは、これまでホングがデボンたちに奴隷のように扱われていたという嘘を吹き込み、ホングはデボ・・・。

キッドギャング 第12話

ホングの誕生パーティーのあと、薬物を飲まされたデボンとカルナルはサンドッキたちに倉庫に連れていかれる。デボンとカルナルを箱詰めにしたところでサンドッキたちは箱ごと海に投げ込もうとするが、ホングは10年・・・。

キッドギャング 第2話

デボン、カルナル、ホングの3人は“全国民苦情処理委員会”という名の興信所を構えることにする。そしてそこに突然訪ねてきた男に赤ん坊を預けられるのだが、ホングは記憶喪失のためその男がキム・ボスだということ・・・。

キッドギャング 第13話

チョ・ピョギたちはチョルスを誘拐するために木棺大師(モックァンテサ)という拉致犯を雇う。一方でデボンたちは事務所を改装し“バリ保育園”という保育所を開き金を稼ごうと目論むが、開園記念として無料で配った・・・。

キッドギャング 第3話

デボン、カルナル、ホングの3人は、泣く泣く赤ん坊を病院に置き去りにする。しかし興信所を訪ねてきたキム・ボスの弁護士から、赤ん坊の面倒を6ヵ月間見るという条件で3千万ウォンを受け取る。赤ん坊は警察に保護・・・。

キッドギャング 第14話

デボンはキム・ボスの敵を討つため、たった1人でチョ・ピョギたちのいるテサン流通の事務所に乗り込む。チョ・ピョギは手下たちを残してその場を去るが、カルナルとホングが駆けつけデボンを助け出す。一方で木棺大・・・。

キッドギャング 第4話

チョ・ピョギはキム・ボスの息子と一緒にいるというデボンたちを血眼になって探している。チョ・ピョギはデボンたちがいるであろう町でたまたま出くわしたペレンイたちを、デボン探しに使おうとする。一方で興信所に・・・。

キッドギャング 第15話

デボンはチョルスの後見人としてテサン流通の会長になる権利を得るが、それを放棄しバリへ旅立とうとする。そこにアメリカからキム・ボスの妹、キム・ボスンが現れ、法的後見人であることを主張、テサン流通の経営権・・・。

キッドギャング 第5話

赤ん坊がファロー四徴症という先天性の心臓病にかかっていると知ったデボンたちは、手術費用の1千万ウォンを工面しようと必死になっている。デボンはボクシングジムのスパーリングパートナー、カルナルは明晰な頭脳・・・。

キッドギャング 第16話

検事のドヒとともにキム・ボスンが現れた理由について調べ上げたカルナル。そのときすでにチョルスはマフィアの手に渡っていたが、アメリカに連れていかれてはおらず、韓国内のカジノにいた。チョルスを助け出すため・・・。

キッドギャング 第6話

赤ん坊は無事に手術を終え、健康な体を取り戻すことができた。デボンは赤ん坊にチョルスと名付ける。チョルスとはデボンが昔の恋人との間にできた子に付けようとしていた名前だった。一方でチョ・ピョギたちは中国か・・・。

キッドギャング 第7話

パーティー会場にまで現れた中国からの殺し屋を簡単に植物状態にしてしまったデボンたち。デボンたちは彼が殺し屋であることすら気づいていない。そんなある日デボンは本を借りに行った帰りに、 死んだ恋人のヨンヒ・・・。

キッドギャング 第8話

デボンはピアノ講師のミヨンを誘い、ホング、ハンピョ、チョルス、ペレンイらと海に行く。デボンはミヨンと浜辺に座り、チョルスと過ごす未来について話すなど、とても幸せな空気が流れていた。一方で留守を任された・・・。

キッドギャング 第9話

珍しく、苦情処理委員会に客が訪れる。しかも若い女性だ。彼女は新人のポルノ女優で、ベッドシーンの練習相手が必要だという。デボン、カルナル、ホング、ハンピョらはわれ先にとパートナーを買って出るが、デボンは・・・。

キッドギャングの概要

「キッドギャング」は、2007年に韓国で製作された韓国ドラマです。ここではキッドギャングのキャストやスタッフ情報などをまとめています。