ポセイドン 第16話

ジュミンが意識を失う前に残した言葉と、耳の奥に入れておいた録音機の音声データを手掛かりにヒゴンを追うソヌとジョンリュル。ジョンリュルは“チェ・ヒゴン”という名前がポセイドンと同じく作戦名なのではないか・・・。

ポセイドン 第8話

内部スパイがソ課長だと分かった9課は、早速ソ課長の取り調べをするが苦戦する。しかし、ソヌがチャンギルのモンタージュを見せながら家族の身の保証を提案すると、ソ課長は供述を始める。さらにドクスと取引をした・・・。

ポセイドン 第9話

テスをおとりとした作戦が成功し、チャンギルを逮捕した9課。ジョンリュルは少しでも情報を聞き出そうとするが、チャンギルは黙秘を続ける。しかし、たった一言“チェ・ヒゴンは実体のある人間だと思うか”と謎めい・・・。

ポセイドン 第10話

ソヌとスユンはチャンギルの携帯から発信された唯一の電話番号があることを知る。早速その番号の持ち主を照会してみると、持ち主はイ元隊長であることがわかる。持ち主が自分の父親であることに動揺を隠せないスユン・・・。

ポセイドン 第11話

遺体となって発見されたチャンギル。9課はすぐさまチャンギルを殺した犯人を追うが、取り逃がしてしまう。そんな折、護送していた車からチャンギルが脱走した上、殺されたという失態の責任をとらされたジュミンは無・・・。

ポセイドン 第12話

ソヌの携帯に血だらけのウォンタクの写真が送られてくる。ソヌはそれが黒蛇会の仕業だと分かると、ウォンタクを探しに黒蛇会と関わりがあるGMLコリアに忍び込む。しかし、ウォンタクを見つけるどころか、GMLコ・・・。

ポセイドン 第13話

ヒゴンと接触するため黒蛇会の隠れ家に単身乗り込んだジュミン。それを知ったジョンリュルはソヌを連れてその場所に急行する。ジョンリュルの車に乗って真夜中に出て行ったソヌを怪しんだスユンは、こっそり後をつけ・・・。

ポセイドン 第14話

隠れ家に忍び込むものの黒蛇会に捕まったスユンは、先に拉致されていたウォンタクと共に隙を見て逃げ出すが、途中で捕まってしまう…。そしてスユンはどこかに連れて行かれ、ウォンタクはドヨンの命令で始末されるこ・・・。

ポセイドン 第4話

無事に退院したウンチョルは海外研修に行くことに。一方、ついカッとなってジョンリュルに捜査9課を抜けると言い放ったソヌだったが、スユンが持ってきた資料を見て事務所に残ることにする。そんな折、ソヌにドクス・・・。

ポセイドン 第15話

何日も出勤しないソヌを戒めるジョンリュルに対し、命の尊さを知らない者と戦うには同じく汚い方法で応ずるべきだと言い、自分なりの方法でスユンを捜すと告げるソヌ。早速スユンを捜す手掛かりをつかむためドクスに・・・。

ポセイドン 第5話

催眠術を使ってドンチュルからドクスの居場所を聞き出した捜査9課のメンバー。早速ドンチュルを連れてその場所の捜索を行うが、目を離した隙にドンチュルは殺害されてしまう。また、黒蛇会と関わる口座を調査するヨ・・・。

ポセイドン 第6話

海洋警察の特攻隊長であった父親がいなくなった本当の理由を知ってしまったスユン。あまりのショックに塞ぎこんでしまったスユンを見守るよう言われたソヌは、スユンをスパーリングに誘い元気づける。自分は独りじゃ・・・。

ポセイドン 第7話

イ元隊長の失踪時、黒蛇会の資金洗浄を手伝ったとされるジュヨンを無事護送したソヌとスユンは、事務所に戻るとすぐ取り調べを始める。ジュヨンが徐々に供述をするようになると、ジョンリュルは彼の供述からイ元隊長・・・。

ポセイドン 第1話

ジョンリュルは海洋警察特攻隊を導入し、憎き黒蛇会のチェ・ヒゴンが乗っているとされる船舶を必死で追っていたが、予想が外れて懲戒審査にかけられることに。庁長からジョンリュルに下された処分は、未解決事件の解・・・。

ポセイドン 第2話

密輸組織のボスであるドンチュルから密輸品を奪取した疑いで、海洋警察内で指名手配されてしまったソヌ。そのことをデソンから知らされたソヌはしばらく廃船に身を隠すが、捕まるわけにはいかないため、釜山の新川で・・・。

ポセイドン 第3話

ソヌを助けるため負傷したウンチョルが病院から消え、それと同時にドクスも刑務所から脱走したという連絡を受けたジョンリュル。捜査9課は2人の捜索を始めるが、他部署に妨害されてしまう。そんな中、ドクスからソ・・・。

ポセイドンの概要

「ポセイドン」は、2011年に韓国で製作された韓国ドラマです。ここではポセイドンのキャストやスタッフ情報などをまとめています。