侠影仙踪 第29話

柳一夕(りゅう・いっせき)を預かった。今すぐ断魂谷へ来られたし――黄楚明(こう・そめい)のもとに届いた手紙には、そう書かれていた。驚き慌てる黄楚明と慕容硯(ぼよう・けん)と前に、血だらけの姿で丁凱(て・・・。

侠影仙踪 第30話

柳一夕(りゅう・いっせき)を預かった。今すぐ断魂谷へ来られたし――黄楚明(こう・そめい)のもとに届いた手紙には、そう書かれていた。驚き慌てる黄楚明と慕容硯(ぼよう・けん)と前に、血だらけの姿で丁凱(て・・・。

侠影仙踪 第28話

謀反を企んでいた曹安(そう・あん)の野望は潰えた。蘇瞳(そ・とう)が隠し持っていた巻物が皇太后へと渡り、曹安と趙国との密約が白日の下にさらされたのだ。左豊(さ・ほう)からの報告で、抱き込んでいたつもり・・・。

侠影仙踪 第20話

“全く変わってないな、鈴鐺(れいとう)”。丁凱(てい・かい)の口から出た名前は、慕容硯(ぼよう・けん)を驚かせた。何故自分の幼い頃のあだ名を知っているのかと問い質そうとした矢先に上官絶(じょうかん・ぜ・・・。

侠影仙踪 第21話

石空塵(せき・こうちん)が落として逃げた巻物には詩が書かれていた。間者である彼がこの巻物を趙に持ち帰る目的であったとすれば、詩には暗号が隠されているのではないか。そう考えた慕容硯(ぼよう・けん)だった・・・。

侠影仙踪 第22話

石空塵(せき・こうちん)が落として逃げた巻物には詩が書かれていた。間者である彼がこの巻物を趙に持ち帰る目的であったとすれば、詩には暗号が隠されているのではないか。そう考えた慕容硯(ぼよう・けん)だった・・・。

侠影仙踪 第23話

都には疫病のような症状を呈する患者が溢れていた。隔離された病人たちの中には、殺されるのではないかと不安に駆られて逃走を計る者も。裴成(はい・せい)はそうした人々に、これが疫病ではなく何者かが撒いた毒に・・・。

侠影仙踪 第24話

都には疫病のような症状を呈する患者が溢れていた。隔離された病人たちの中には、殺されるのではないかと不安に駆られて逃走を計る者も。裴成(はい・せい)はそうした人々に、これが疫病ではなく何者かが撒いた毒に・・・。

侠影仙踪 第25話

黄楚明(こう・そめい)と石空塵(せき・こうちん)が都に戻れば、全ての企みが露呈してしまう――。曹安(そう・あん)は焦っていた。上官絶(じょうかん・ぜつ)は2人の暗殺を提案するが、失敗続きの部下の意見に・・・。

侠影仙踪 第26話

黄楚明(こう・そめい)と石空塵(せき・こうちん)が都に戻れば、全ての企みが露呈してしまう――。曹安(そう・あん)は焦っていた。上官絶(じょうかん・ぜつ)は3人の暗殺を提案するが、失敗続きの部下の意見に・・・。

侠影仙踪 第27話

謀反を企んでいた曹安(そう・あん)の野望は潰えた。蘇瞳(そ・とう)が隠し持っていた巻物が皇太后へと渡り、曹安と趙国との密約が白日の下にさらされたのだ。左豊(さ・ほう)からの報告で、抱き込んでいたつもり・・・。

侠影仙踪 第17話

“陛下がいなければすべて太師の思うままに”。幼帝が行方不明となっているこの期に乗じて全権を掌握してはどうかと進言する左豊(さ・ほう)を、曹安(そう・あん)は静かにたしなめた。彼は自らが権力者として君臨・・・。

侠影仙踪 第18話

“陛下がいなければすべて太師の思うままに”。幼帝が行方不明となっているこの期に乗じて全権を掌握してはどうかと進言する左豊(さ・ほう)を、曹安(そう・あん)は静かにたしなめた。彼は自らが権力者として君臨・・・。

侠影仙踪 第19話

“全く変わってないな、鈴鐺(れいとう)”。丁凱(てい・かい)の口から出た名前は、慕容硯(ぼよう・けん)を驚かせた。何故自分の幼い頃のあだ名を知っているのかと問い質そうとした矢先に上官絶(じょうかん・ぜ・・・。

侠影仙踪 第12話

慕容硯(ぼよう・けん)は趙の間者・石空塵(せき・こうちん)を探し当てた。剣を交える3人。それを遮るように現れた"一剣送葬"丁凱(てい・がい)は、石空塵を逃がすと慕容硯に勝負を挑んだ・・・。

侠影仙踪 第13話

視力の回復を目指し、伊人剣法の修練を続ける黄楚明(こう・そめい)。しかし、柳一夕(りゅう・いっせき)の身を案じる彼は集中力を欠き、成果はなかなか上がらなかった。根気強く教えてきた慕容硯(ぼよう・けん)・・・。

侠影仙踪 第14話

視力の回復を目指し、伊人剣法の修練を続ける黄楚明(こう・そめい)。しかし、柳一夕(りゅう・いっせき)の身を案じる彼は集中力を欠き、成果はなかなか上がらなかった。根気強く教えてきた慕容硯(ぼよう・けん)・・・。

侠影仙踪 第15話

黄楚明(こう・そめい)を打ちのめした柳一夕(りゅう・いっせき)の心変わり。王羲之(おう・ぎし)は彼女のあまりの変貌ぶりに不可解なものを感じていた。柳一夕は偽者とすり替わったのか、それとも"生・・・。

侠影仙踪 第16話

黄楚明(こう・そめい)を打ちのめした柳一夕(りゅう・いっせき)の心変わり。王羲之(おう・ぎし)は彼女のあまりの変貌ぶりに不可解なものを感じていた。柳一夕は偽者とすり替わったのか、それとも"生・・・。

侠影仙踪 第6話

荒くれ者たちに襲われたらしい傷だらけの男を岩屋まで運び、手当をした黄楚明(こう・そめい)。“いきなり攻撃された”と語った男は、旅商人の石空塵(せき・こうちん)と名乗った。彼の話に同情しながらも、何者か・・・。

侠影仙踪 第7話

司馬タン(しば・たん)の叫び声を聞いて、上官絶(じょうかん・ぜつ)と劉(りゅう)公公が駆けつける。しかし、それは柳一夕(りゅう・いっせき)と鬼ごっこをして遊ぶ幼帝が上げた歓声だった。劉公公たちを怒鳴り・・・。

侠影仙踪 第8話

司馬タン(しば・たん)の叫び声を聞いて、上官絶(じょうかん・ぜつ)と劉(りゅう)公公が駆けつける。しかし、それは柳一夕(りゅう・いっせき)と鬼ごっこをして遊ぶ幼帝が上げた歓声だった。劉公公たちを怒鳴り・・・。

侠影仙踪 第9話

皇太后は官位を授けることを条件に、皇帝の治療に励むよう黄楚明(こう・そめい)を促す。しかし、彼は地位にも名声にも興味はなく、ただ宮中から柳一夕(りゅう・いっせき)を取り戻したいという一心だった。柳一夕・・・。

侠影仙踪 第10話

皇太后は官位を授けることを条件に、皇帝の治療に励むよう黄楚明(こう・そめい)を促す。しかし、彼は地位にも名声にも興味はなく、ただ宮中から柳一夕(りゅう・いっせき)を取り戻したいという一心だった。柳一夕・・・。

侠影仙踪 第1話

西暦344年、東晋の第五代皇帝に、わずか7歳の司馬タン(しば・たん)が即位。中原には異民族・匈奴が建国した趙が、西方にはテイ族の興した成漢があって戦火が絶えないばかりか、中国全土は災害や飢饉にも見舞わ・・・。

侠影仙踪 第11話

慕容硯(ぼよう・けん)は趙の間者・石空塵(せき・こうちん)を探し当てた。剣を交える2人。それを遮るように現れた"一剣送葬"丁凱(てい・がい)は、石空塵を逃がすと慕容硯に勝負を挑んだ・・・。

侠影仙踪 第2話

西暦344年、東晋の第五代皇帝に、わずか8歳の司馬タン(しば・たん)が即位。中原には異民族・匈奴が建国した趙が、西方にはテイ族の興した成漢があって戦火が絶えないばかりか、中国全土は災害や飢饉にも見舞わ・・・。

侠影仙踪 第3話

刺客の残党を捜すため金華山へと出向いた慕容硯(ぼよう・けん)は、偶然にも黄楚明(こう・そめい)と再会する。からかい半分で手合わせを挑んできた慕容硯を相手に、武芸のできない黄楚明は、へっぴり腰で逃げ回る・・・。

侠影仙踪 第4話

刺客の残党を捜すため金華山へと出向いた慕容硯(ぼよう・けん)は、偶然にも黄楚明(こう・そめい)と再会する。からかい半分で手合わせを挑んできた慕容硯を相手に、武芸のできない黄楚明は、へっぴり腰で逃げ回る・・・。

侠影仙踪 第5話

荒くれ者たちに襲われたらしい傷だらけの男を岩屋まで運び、手当をした黄楚明(こう・そめい)。“いきなり攻撃された”と語った男は、旅商人の石空塵(せき・こうちん)と名乗った。彼の話に同情しながらも、何者か・・・。

侠影仙踪の概要

「侠影仙踪」は、2004年に中国で製作された中国ドラマです。ここでは侠影仙踪のキャストやスタッフ情報などをまとめています。