六指琴魔 第32話

深手を負っていながら寝台から姿を消した東方白(とうほう・はく)の身を案じて探しにでた王冬(おう・とう)は、天魔琴の音に導かれるように八音澗へと辿り着く。そこには、ついに天龍八音を習得し終えた東方白の姿・・・。

六指琴魔 第33話

深手を負っていながら寝台から姿を消した東方白(とうほう・はく)の身を案じて探しにでた王冬(おう・とう)は、天魔琴の音に導かれるように八音澗へと辿り着く。そこには、ついに天龍八音を習得し終えた東方白の姿・・・。

六指琴魔 第25話

昏々と眠り続ける王雪梅(おう・せつばい)を見つめる傅雲俊(ふ・うんしゅん)。毒消しを手に入れるために受け入れた端木虹(たんぼく・こう)との結婚――婚儀を前にした新郎の心は、晴れやかとは言い難いものだっ・・・。

六指琴魔 第26話

呂麟(りょ・りん)たちが辿り着いてみると、争いの跡が残る烈火宮に人影は無く、ひっそりと静まり返っていた。烈火祖師(れっかそし)らの身を案じ、うろたえる譚月華(たん・げっか)。そこへ鬼聖(きせい)が。彼・・・。

六指琴魔 第27話

呂麟(りょ・りん)たちが辿り着いてみると、争いの跡が残る烈火宮に人影は無く、ひっそりと静まり返っていた。烈火祖師(れっかそし)らの身を案じ、うろたえる譚月華(たん・げっか)。そこへ鬼聖(きせい)が。彼・・・。

六指琴魔 第28話

“産着に麒麟の刺繍がなかったか?”――古ぼけた産着と呂麟(りょ・りん)の出生についてしつこく尋ねるムカデ男に、譚月華(たん・げっか)はうんざりしていた。その質問の真意を知るはずもない譚月華は、ムカデ男・・・。

六指琴魔 第29話

“産着に麒麟の刺繍がなかったか?”――古ぼけた産着と呂麟(りょ・りん)の出生についてしつこく尋ねるムカデ男に、譚月華(たん・げっか)はうんざりしていた。その質問の真意を知るはずもない譚月華は、ムカデ男・・・。

六指琴魔 第30話

突然、譚月華(たん・げっか)を殺人鬼と呼んで襲いかかった呂麟(りょ・りん)。しかし、意識を取り戻した彼は、この出来事の記憶を失っていた。不審に思ったムカデ男は、呂麟に修練中の技を見せてみろと促す。得意・・・。

六指琴魔 第31話

突然、譚月華(たん・げっか)を殺人鬼と呼んで襲いかかった呂麟(りょ・りん)。しかし、意識を取り戻した彼は、この出来事の記憶を失っていた。不審に思ったムカデ男は、呂麟に修練中の技を見せてみろと促す。得意・・・。

六指琴魔 第22話

王雪梅(おう・せつばい)は、これまで尽くしてくれた斉福(せい・ふく)への感謝の思いを伝える。彼女は自分の死期が近いことを悟っていた。傅雲俊(ふ・うんしゅん)の肩にもたれ、星を眺める王雪梅。自身を孤独な・・・。

六指琴魔 第23話

王雪梅(おう・せつばい)は、これまで尽くしてくれた斉福(せい・ふく)への感謝の思いを伝える。彼女は自分の死期が近いことを悟っていた。傅雲俊(ふ・うんしゅん)の肩にもたれ、星を眺める王雪梅。自身を孤独な・・・。

六指琴魔 第24話

昏々と眠り続ける王雪梅(おう・せつばい)を見つめる傅雲俊(ふ・うんしゅん)。毒消しを手に入れるために受け入れた端木虹(たんぼく・こう)との結婚――婚儀を前にした新郎の心は、晴れやかとは言い難いものだっ・・・。

六指琴魔 第16話

魔力が暴走し、僧たちを次々と手にかけた王雪梅(おう・せつばい)。一転、糸が切れたようによろめきだした彼女を抱きとめたのは傅雲俊(ふ・うんしゅん)だった。“死なせはしない”とつぶやいた彼は、王雪梅に内力・・・。

六指琴魔 第17話

魔力が暴走し、僧たちを次々と手にかけた王雪梅(おう・せつばい)。一転、糸が切れたようによろめきだした彼女を抱きとめたのは傅雲俊(ふ・うんしゅん)だった。“死なせはしない”とつぶやいた彼は、王雪梅に内力・・・。

六指琴魔 第18話

王雪梅(おう・せつばい)は、東方白(とうほう・はく)から手渡された薬を飲んだ。“内傷に効く”と言われたその薬は、実は端木愷(たんぼく・がい)が秘伝の薬草を調合して作ったもの。一時的に功力は増すが、やが・・・。

六指琴魔 第19話

王雪梅(おう・せつばい)は、東方白(とうほう・はく)から手渡された薬を飲んだ。“内傷に効く”と言われたその薬は、実は端木愷(たんぼく・がい)が秘伝の薬草を調合して作ったもの。一時的に功力は増すが、やが・・・。

六指琴魔 第20話

潭月華(たん・げっか)を蝕んでいたのは、強烈な寒気を放つ毒――血蛇蠱毒だった。医者の見立てによれば、普通の薬では効き目はなく、タングラ山に棲む赤ヤモリの肝だけが血蛇蠱毒を退けられるのだという。礼を言い・・・。

六指琴魔 第21話

潭月華(たん・げっか)を蝕んでいたのは、強烈な寒気を放つ毒――血蛇蠱毒だった。医者の見立てによれば、普通の薬では効き目はなく、タングラ山に棲む赤ヤモリの肝だけが血蛇蠱毒を退けられるのだという。礼を言い・・・。

六指琴魔 第11話

呂麟(りょ・りん)は生き別れになった弟なのか――。もし弟だったとすれば再会できたことは嬉しいしいが、呂麟は王雪梅(おう・せつばい)のことを父・呂騰空(りょ・とうくう)を殺した敵だと誤解し、心の底から憎・・・。

六指琴魔 第12話

潭月華(たん・げっか)がさらわれた。何者かの密告によって烈火祖師(れっかそし)が駆けつけると、彼女の部屋には鬼宮の使う眠り薬の香りが。鬼宮の仕業だと確信し、鬼聖(きせい)を問い詰める烈火祖師。両者の間・・・。

六指琴魔 第13話

潭月華(たん・げっか)がさらわれた。何者かの密告によって烈火祖師(れっかそし)が駆けつけると、彼女の部屋には鬼宮の使う眠り薬の香りが。鬼宮の仕業だと確信し、鬼聖(きせい)を問い詰める烈火祖師。両者の間・・・。

六指琴魔 第14話

傅雲俊(ふ・うんしゅん)と端木虹(たんぼく・こう)の間に流れる、ぎくしゃくとした空気――。その様子を不審に思った端木愷(たんぼく・がい)は、“なぜ結婚の話になると黙るのだ?”と問い質す。傅雲俊は胸の内・・・。

六指琴魔 第15話

傅雲俊(ふ・うんしゅん)と端木虹(たんぼく・こう)の間に流れる、ぎくしゃくとした空気――。その様子を不審に思った端木愷(たんぼく・がい)は、“なぜ結婚の話になると黙るのだ?”と問い質す。傅雲俊は胸の内・・・。

六指琴魔 第10話

呂麟(りょ・りん)は生き別れになった弟なのか――。もし弟だったとすれば再会できたことは嬉しいしいが、呂麟は王雪梅(おう・せつばい)のことを父・呂騰空(りょ・とうくう)を殺した敵だと誤解し、心の底から憎・・・。

六指琴魔 第5話

呂麟(りょ・りん)を罠にかけて天魔琴を手に入れ、有頂天の潭月華(たん・げっか)。しかし喜んだのも束の間、突如現れた斉福(せい・ふく)に奪い返されてしまった。天魔琴を呂麟に手渡した斉福は、急いで両親と合・・・。

六指琴魔 第6話

慈来(じらい)和尚が天魔琴の箱の上に大きな岩を乗せてしまったせいで、呂麟(りょ・りん)は足止めをくってしまう。“困った時は花火で知らせて”――王雪梅(おう・せつばい)の言葉を思い出した彼は、助けを呼ぶ・・・。

六指琴魔 第7話

慈来(じらい)和尚が天魔琴の箱の上に大きな岩を乗せてしまったせいで、呂麟(りょ・りん)は足止めをくってしまう。“困った時は花火で知らせて”――王雪梅(おう・せつばい)の言葉を思い出した彼は、助けを呼ぶ・・・。

六指琴魔 第8話

“"天下一"にこだわったせいで両親や仲間たちが犠牲になった”と悔いる呂麟(りょ・りん)。それでも潭月華(たん・げっか)の励ましでいくらか気を持ち直した彼は、危険が待ち受けているであ・・・。

六指琴魔 第9話

“"天下一"にこだわったせいで両親や仲間たちが犠牲になった”と悔いる呂麟(りょ・りん)。それでも潭月華(たん・げっか)の励ましでいくらか気を持ち直した彼は、危険が待ち受けているであ・・・。

六指琴魔 第1話

強大な力を秘めた"天魔琴(てんまきん)"を狙った五大門派は、天龍門を襲撃。琴を渡すまいとした王冬(おう・とう)夫妻は殺され、幼い息子は行方知れずに。そして、王冬の娘・王雪梅(おう・・・・。

六指琴魔 第2話

強大な力を秘めた"天魔琴(てんまきん)"を狙った五大門派は、天龍門を襲撃。琴を渡すまいとした王冬(おう・とう)夫妻は殺され、幼い息子は行方知れずに。そして、王冬の娘・王雪梅(おう・・・・。

六指琴魔 第3話

強大な力を秘めた"天魔琴(てんまきん)"を狙った五大門派は、天龍門を襲撃。琴を渡すまいとした王冬(おう・とう)夫妻は殺され、幼い息子は行方知れずに。そして、王冬の娘・王雪梅(おう・・・・。

六指琴魔 第4話

呂麟(りょ・りん)を罠にかけて天魔琴を手に入れ、有頂天の潭月華(たん・げっか)。しかし喜んだのも束の間、突如現れた斉福(せい・ふく)に奪い返されてしまった。天魔琴を呂麟に手渡した斉福は、急いで両親と合・・・。

六指琴魔の概要

「六指琴魔」は、2004年に中国で製作された中国ドラマです。ここでは六指琴魔のキャストやスタッフ情報などをまとめています。