江湖の薔薇 第24話

林初一(りん・しょいつ)と天地盟を、直ちにせん滅せよと訴える袁天?(えん・てんこう)。しかし、沐晟(ぼく・せい)はその言葉に耳を貸さず、林初一を寨外へと追い払うことを決めた。自らの引き際を悟った袁天?・・・。

江湖の薔薇 第25話

寝台の下に押し込められていた岑野瞳(しん・やとう)が意識を取り戻してみると、目の前には血に濡れた花解語(か・かいご)が倒れていた。彼女は野瞳の身を守るため、自らの体に短刀を突き立てたのだ。声を上げそう・・・。

江湖の薔薇 第26話

寝台の下に押し込められていた岑野瞳(しん・やとう)が意識を取り戻してみると、目の前には血に濡れた花解語(か・かいご)が倒れていた。彼女は野瞳の身を守るため、自らの体に短刀を突き立てたのだ。声を上げそう・・・。

江湖の薔薇 第27話

念願かなって林初一(りん・しょいつ)の側室となった楊喜氷(よう・きひょう)だったが、皮肉なことに彼女の目論みは外れどおしだった。その扱いは正室と差がつけられ、初夜だというのに初一は寝所を訪れてもくれず・・・。

江湖の薔薇 第28話

念願かなって林初一(りん・しょいつ)の側室となった楊喜氷(よう・きひょう)だったが、皮肉なことに彼女の目論みは外れどおしだった。その扱いは正室と差がつけられ、初夜だというのに初一は寝所を訪れてもくれず・・・。

江湖の薔薇 第29話

“愛は謝罪も見返りも求めない”――明少卿(めい・しょうけい)は、沈斯如(しん・しじょ)の幸せを願い、彼女に愛を説いた。静かに語り終えた少卿は、自分を死の淵から救い尽くしてくれた雲姜(うん・きょう)に残・・・。

江湖の薔薇 第30話

“愛は謝罪も見返りも求めない”――明少卿(めい・しょうけい)は、沈斯如(しん・しじょ)の幸せを願い、彼女に愛を説いた。静かに語り終えた少卿は、自分を死の淵から救い尽くしてくれた雲姜(うん・きょう)に残・・・。

江湖の薔薇 第22話

君綺羅(くん・きら)は自ら作った刀を携えて、雲霧山の城門の前に立っていた。いつかの約束どおり、それを沐晟(ぼく・せい)へ手渡すためだ。しかし、衛兵に阻まれ、中に入ることができない。彼女は仕方なく刀を兵・・・。

江湖の薔薇 第23話

林初一(りん・しょいつ)と天地盟を、直ちにせん滅せよと訴える袁天?(えん・てんこう)。しかし、沐晟(ぼく・せい)はその言葉に耳を貸さず、林初一を寨外へと追い払うことを決めた。自らの引き際を悟った袁天?・・・。

江湖の薔薇 第13話

沈斯如(しん・しじょ)への意趣返しとばかりに、冷淡な別れの手紙を残して姿を消した明少卿(めい・しょうけい)。しかし、彼女への想いを断ち切ることなどできはしなかった。少卿は再び、斯如のもとへと舞い戻る。・・・。

江湖の薔薇 第14話

沈斯如(しん・しじょ)への意趣返しとばかりに、冷淡な別れの手紙を残して姿を消した明少卿(めい・しょうけい)。しかし、彼女への想いを断ち切ることなどできはしなかった。少卿は再び、斯如のもとへと舞い戻る。・・・。

江湖の薔薇 第15話

沐晟(ぼく・せい)を想い、涙を流す君綺羅(くん・きら)。その姿を見た林初一(りん・しょいつ)の心もまた千々に乱れていたが、“俺なら君を、絶対に泣かせやしないのに”という言葉を口にすることはできなかった・・・。

江湖の薔薇 第16話

沐晟(ぼく・せい)を想い、涙を流す君綺羅(くん・きら)。その姿を見た林初一(りん・しょいつ)の心もまた千々に乱れていたが、“俺なら君を、絶対に泣かせやしないのに”という言葉を口にすることはできなかった・・・。

江湖の薔薇 第17話

岑野瞳(しん・やとう)との別れを惜しむ、君綺羅(くん・きら)。彼女には、武芸に秀で、兵法に通じた野瞳が、この戦乱の世で名を上げようという野心を抱いていないことを惜しむ気持ちもあった。そこで綺羅は、気が・・・。

江湖の薔薇 第18話

岑野瞳(しん・やとう)との別れを惜しむ、君綺羅(くん・きら)。彼女には、武芸に秀で、兵法に通じた野瞳が、この戦乱の世で名を上げようという野心を抱いていないことを惜しむ気持ちもあった。そこで綺羅は、気が・・・。

江湖の薔薇 第19話

陳大牛(ちん・だいぎゅう)が“夜伽の相手に”と連れてきた女は、沈斯如(しん・しじょ)であった。彼女は語気を荒げて“解放しないと後悔するわよ”“今の私には沐晟(ぼく・せい)がついてるわ”と、林初一(りん・・・。

江湖の薔薇 第20話

陳大牛(ちん・だいぎゅう)が“夜伽の相手に”と連れてきた女は、沈斯如(しん・しじょ)であった。彼女は語気を荒げて“解放しないと後悔するわよ”“今の私には沐晟(ぼく・せい)がついてるわ”と、林初一(りん・・・。

江湖の薔薇 第21話

君綺羅(くん・きら)は自ら作った刀を携えて、雲霧山の城門の前に立っていた。いつかの約束どおり、それを沐晟(ぼく・せい)へ手渡すためだ。しかし、衛兵に阻まれ、中に入ることができない。彼女は仕方なく刀を兵・・・。

江湖の薔薇 第12話

ケガを負ってまで自分を助けてくれた林初一(りん・しょいつ)にお礼の言葉を述べる君綺羅(くん・きら)。彼女を売り飛ばそうとした張本人は林初一だったのだが、それを聞いても綺羅は“あなたは私の恩人よ”と微笑・・・。

江湖の薔薇 第2話

清朝末期、明家堡を率いる"明帝"は江湖の統一を目論み、他の門派への襲撃を繰り返していた。抗争に巻き込まれ命を落とした者たちの屍が横たわる街路を、ひと組の親子が歩いていた。君無忌(く・・・。

江湖の薔薇 第3話

明家堡の白沙鎮分舵に集められた娘たちは、明帝の遺体と共に葬られようとしていた。その中には、君綺羅(くん・きら)の姿も。まんまと生き埋めにされてたまるかと、脱走計画を実行に移す綺羅たち。侍女に成りすまし・・・。

江湖の薔薇 第4話

明家堡の白沙鎮分舵に集められた娘たちは、明帝の遺体と共に葬られようとしていた。その中には、君綺羅(くん・きら)の姿も。まんまと生き埋めにされてたまるかと、脱走計画を実行に移す綺羅たち。侍女に成りすまし・・・。

江湖の薔薇 第5話

沐晟(ぼく・せい)こそが君綺羅(くん・きら)の言う"英雄"だった。その事実を知った沈斯如(しん・しじょ)は、わが身の不幸を呪う。裕福な家庭に生まれて両親に大事にされ、愛する人との再・・・。

江湖の薔薇 第6話

沐晟(ぼく・せい)こそが君綺羅(くん・きら)の言う"英雄"だった。その事実を知った沈斯如(しん・しじょ)は、わが身の不幸を呪う。裕福な家庭に生まれて両親に大事にされ、愛する人との再・・・。

江湖の薔薇 第7話

沐晟(ぼく・せい)を秘かに恋い慕う沈斯如(しん・しじょ)。彼女のそんな想いは、ある偶然から沐晟の知るところとなってしまった。沈斯如は、今まで通りに振る舞うから聞かなかったことにしてほしいと告げるが、こ・・・。

江湖の薔薇 第8話

沐晟(ぼく・せい)を秘かに恋い慕う沈斯如(しん・しじょ)。彼女のそんな想いは、ある偶然から沐晟の知るところとなってしまった。沈斯如は、今まで通りに振る舞うから聞かなかったことにしてほしいと告げるが、こ・・・。

江湖の薔薇 第9話

“私は永遠に、あなたのものよ”。胸元に彫られた狼の入れ墨を見せながら、君綺羅(くん・きら)は告げた。その想いに応えるべく、沐晟(ぼく・せい)は自身の玉佩を、綺羅に託すのだった。同じ頃、済世山荘では宴が・・・。

江湖の薔薇 第10話

“私は永遠に、あなたのものよ”。胸元に彫られた狼の入れ墨を見せながら、君綺羅(くん・きら)は告げた。その想いに応えるべく、沐晟(ぼく・せい)は自身の玉佩を、綺羅に託すのだった。同じ頃、済世山荘では宴が・・・。

江湖の薔薇 第11話

ケガを負ってまで自分を助けてくれた林初一(りん・しょいつ)にお礼の言葉を述べる君綺羅(くん・きら)。彼女を売り飛ばそうとした張本人は林初一だったのだが、それを聞いても綺羅は“あなたは私の恩人よ”と微笑・・・。

江湖の薔薇 第1話

清朝末期、明家堡を率いる"明帝"は江湖の統一を目論み、他の門派への襲撃を繰り返していた。抗争に巻き込まれ命を落とした者たちの屍が横たわる街路を、ひと組の親子が歩いていた。君無忌(く・・・。

江湖の薔薇の概要

「江湖の薔薇」は、2008年に中国で製作された中国ドラマです。ここでは江湖の薔薇のキャストやスタッフ情報などをまとめています。