王の後宮 第42話

清姿が出産したことで、万貴妃は七巧にあたった。養父・潘洪は清姿の祝福に現れ、袁放を宮廷の職に推薦するよう願い出て、袁放は新華門の近衛兵となる。清姿の出産で疲れ倒れた春華を、汪直は手厚く看病した。春華に・・・。

王の後宮 第43話

袁放と楊永は汪直の悪事の証拠を捜していた。袁放の手配で宮中へ忍び込んだ楊永は、春華に汪直の帳簿を手に入れるよう頼む。思わぬ再会に感激したのも束の間、夫を裏切る頼みに春華は迷う。汪直は妻の悩みを気遣い、・・・。

王の後宮 第44話

怒りをため込んだ七巧の変心を感じた万貴妃は、池に落とし亡き者にした。後宮から出られない境遇の宮中の者たちは、皆不安を感じた。おばの凌司正は、万貴妃から金を下賜された。含香はますます弱り、張太医は春華に・・・。

王の後宮 第45話

万貴妃と周皇太后は、含香がいる寺へ駆けつけ、春華と楊永は捕らえられた。皇太后は皇帝のためふたりを死刑にすると怒る。汪直は春華を救うため、含香と楊永に罪をなすりつけるよう説得するが、春華はかたくなに断っ・・・。

王の後宮 第46話

春華は牢獄で葬送曲を聞き、含香の葬儀が盛大に行われたと知って安心した。皇帝の誤解は解け、楊永は無罪となる。春華は喜んだが、万貴妃が春華を許さない。死刑執行の前日、牢は大きな火災に見舞われ、春華は火事で・・・。

王の後宮 第40話

含香は皇帝を拒絶してしまった。皇帝は怒って立ち去り、含香が寵愛を失うと噂が流れる。跡継ぎのため、皇太后は妃候補をさらに手配していた。汪直と春華の関係は微妙だった。春華を好きなのか、過去の罪滅ぼしのため・・・。

王の後宮 第41話

皇帝は、袁放が届けた周尚書の告発を受けて、汪直に疑いの目を向けていた。張太医は、月末に清姿が出産すると診断したことを受け、安全に分娩させるため、春華は皇太后への報告は直前にしようと考える。しかし出産は・・・。

王の後宮 第31話

皇帝のお目見えがしばらくなかった清姿は、春華が付き添う含香と庭園にいる皇帝を見た。七巧は、春華までが妃となるかも知れないと清姿に告げ不安にさせる。銭皇太后の見舞いのため都を訪れた潘洪は途中強盗に襲われ・・・。

王の後宮 第32話

鉄仮面を捜す汪直は、袁放について楊永にしつこく質問した。それを聞いた袁放は、楊永に兄の冤罪死事件の真相を語る。楊永は証拠を握る猟師を捜しに旅立った。やっと見つけた猟師は、しかし汪直にノドを刺され話がで・・・。

王の後宮 第33話

相変わらず、含香と春華を憎む清姿が、原因不明の腹痛に苦しむ。七巧は誰かの呪いだと言い、その矛先を春華に向ける。含香流産の復讐として、清姿を呪ったとされたのだ。捕らえられた春華は牢獄に監禁され、万貴妃か・・・。

王の後宮 第34話

汪直と春華の対食に、皇帝が同意したことは万貴妃の気に障った。皇帝に怒りをぶつけるが、汪直が銭皇太后の埋葬の一件で活躍したことを始め、よくやったので願を受け入れたと聞き、怒りを抑えるしかなかった。その頃・・・。

王の後宮 第35話

楊永は猟師劉勇の家に急いで駆けつけたが、時すでに遅く、自らも逃亡する途中で負傷した。体調の優れない含香に付き添って寺参りに出かけた春華は、負傷した楊永を見つけて匿った。汪直は鉄仮面の男を激しく憎み、猟・・・。

王の後宮 第36話

含香は楊永を心配して食欲がなく、寺参りから戻っても皇帝の寵愛を断っていた。替わりに寵愛を受けたのは清姿だった。七巧から“清姿は有頂天で、万貴妃が衰えていると言った”と聞いた万貴妃は、清姿を退ける機会を・・・。

王の後宮 第37話

春華への思いを深く胸にしまい、汪直は対食の関係を解消すると言った。機会を伺っていた楊永は、ようやく汪直暗殺の機会を得るが、失敗した。牢獄につながれた楊永を見つけた春華は、自分が汪直と永遠に対食の関係で・・・。

王の後宮 第38話

清姿に妊娠の兆候が表れる。喜んだ皇太后は3人の太医に脈をとらせたが、口をそろえてただお腹が張っているだけだと言った。七巧は清姿のもとに薬を持って訪れる。清姿が妊娠していないのだから必要ないと断ると、無・・・。

王の後宮 第39話

懐妊後の清姿は、自分の味方は七巧でなく春華だったと知る。相手の計略を利用して、春華は清姿に瘋癲を装わせ、蕪衡殿に居を移して静養させた。主人が寂れた宮殿に消えた七巧は、万貴妃の悩みを排除したことで出世の・・・。

王の後宮 第30話

楊永は機会に乗じて、汪直の書斎に潜入し見つかってしまった。うまく取り繕ったが、汪直は疑っている。万貴妃は春華を通し、含香に滋養強壮のスープを贈る。春華は拒絶できないが、万貴妃からのものと伝えると、含香・・・。

王の後宮 第22話

周皇太后の命による毎日の演奏で、銭皇太后の病状が重くなる。張太医は方尚儀と対策を相談しつつ、尚儀が両皇太后の争いに巻き込まれるだろうと心配した。そこへ春華が機転をきかせた。春華のアイデアのとおり太医は・・・。

王の後宮 第23話

七巧は清姿の栄転さえあればと機会をうかがっていたが、清姿は寵愛されない寂しさを舞の稽古で紛らわせる。清姿の舞の稽古を密かに支えたのは春華だった。私腹を肥やす汪直に馬福隆をけしかけた鉄仮面は、汪直に手配・・・。

王の後宮 第24話

舞の稽古で腰を傷めた清姿に春華が薬を贈ったが、七巧はそれを自分から贈ったことにして関係を深める。本当は自分が皇帝に寵愛されたかったが、叶わない。楽譜房の前で楊永と偶然会った春華は、彼を想いながらも気持・・・。

王の後宮 第25話

胡太医は何宸妃に妊娠の兆候がなかったことを万貴妃に報告すると、万貴妃は太医を絶賛し、興華寺へ出かけた。七巧は清姿の舞姿を皇帝に見せるべく、湖心亭へ招く。まるで仙女が舞い降りたような清姿の姿に、皇帝は心・・・。

王の後宮 第26話

清姿は春華を呼んで演奏させ、わざと言いがかりをつけて辱め、七巧に平手打ちさせようとする。含香は留めたかったが、清姿より位が低くどうすることもできなかった。清姿の養父・潘洪は、清姿が寵愛されることに喜ん・・・。

王の後宮 第27話

何宸妃は万貴妃にそそのかされた太医に薬で流産させられたと知って、万貴妃の寝殿に乗り込み、皇帝の前で怒りをぶつけた。しかし万貴妃は冷静に対処し、何宸妃を狂人として閉じこめられてしまう。含香はあれこれ手を・・・。

王の後宮 第28話

汪直が鉄仮面探しに躍起になるころ、万貴妃は七巧から、含香が寵愛されるのは、春華の計画だと聞く。閉じこめられた何宸妃は、隙を見て逃げだし含香の部屋に現れた。匿おうとした含香と春華だったが、宸妃は危険人物・・・。

王の後宮 第29話

含香は懐妊した。つわりに苦しむ含香に、楊永から春華を通してお守りが贈られた。皇帝はますます含香を大切にし、万貴妃は汪直の誕生日を、3日間宮廷の外で男性の楽工の演奏とともに祝うことにする。宴に呼ばれた楊・・・。

王の後宮 第20話

含香は柏宸妃となった。皇帝自らが立てた妃に喜んだ周皇太后は、直々に含香を呼び出し話を聞いた。妃になれずに悩む清姿の不満を知った七巧は、春華と含香が結託して策を弄したと中傷し、清姿はふたりを憎むようにな・・・。

王の後宮 第21話

清姿は春華と含香を憎んだが、春華は清姿を心配していた。清姿が司珍房へと時間つぶしに出かけられるようにはからったが、七巧はそれを全力で阻止する。広がる溝に春華はとまどった。銭皇太后が張太医と会うことを知・・・。

王の後宮 第13話

七巧は春華と含香が楊永を慕っていると知り、3人が一緒のところを万貴妃に告げ口する。聞きつけた万貴妃に叱責され、楊永は2人を守るため距離を置くしかなかった。皇帝は万貴妃だけを寵愛するが、万貴妃の皇子は死・・・。

王の後宮 第14話

周皇太后が皇帝に、新たに妃を立てるよう言ったという噂が広がる。宮中の淑女は続々と増え、2人が妃となったが清姿はまたも選ばれなかった。義父の潘洪のプレッシャーや女官たちの皮肉に、清姿の心はしだいにバラン・・・。

王の後宮 第15話

新しく妃を立てた皇帝と万貴妃は、うまくいっていなかった。夜も眠れない皇帝を慰めたのは、無欲な春華の演奏だった。その様子をうかがっていた万貴妃の疑いはすぐに晴れたが、七巧はさらに嫉妬した。寵愛を得られず・・・。

王の後宮 第16話

銭皇太后の計らいで清姿は皇帝に舞いを披露したが、その最中に倒れてしまった。皇帝は興ざめして去り、失意の清姿に義父・潘洪は、彼女の実父・邵仲への援助を減らすと発破をかける。跡継ぎを願う周皇太后は、春華た・・・。

王の後宮 第17話

懐妊して特別待遇を受ける劉宸妃は、皇帝を喜ばせるため楽器を春華から習うことになった。それを知った七巧は腹を立て、劉宸妃の座る椅子に細工をさせて流産を招く。怒った皇太后は、春華らを拘禁した。清姿と親しか・・・。

王の後宮 第18話

釈放された春華は、舞の稽古をやめた清姿を励ました。自分のために生きること。清姿は立ち直り、春華・含香3人の友情は深まる。拘禁中、春華の身を案じていた楊永は、愛したい人を愛せないふがいなさを酒で紛らわせ・・・。

王の後宮 第19話

春華は含香と楽譜房でおちあう約束をしたが、途中で方尚儀から皇太后のもとへ行くよう言われ、紅萼に伝言を頼んだ。七巧は代わりに伝えると嘘をついて、含香を閉じこめた。助け出したのは皇帝だった。恥じらう含香の・・・。

王の後宮 第10話

清姿が宮中入りした。かつて一家で逃げる途中、山賊に襲われて怪我をした父が潘洪に助けられ、清姿は彼の養女となって、皇帝に差し出すべく育てられたのだ。銭皇太后の誕生祝いの宴で清姿は舞い、その美しさに皆、皇・・・。

王の後宮 第11話

銭皇太后が新たな妃候補とした清姿の優美な舞は皇帝を満足させたが、万貴妃の皇子危篤の知らせ聞いて皇帝は慌てた。医師の手当ての甲斐なく、皇子は亡くなってしまう。兄を失った楊永は、酒を煽りながらも兄を偲んで・・・。

王の後宮 第12話

皇子の死後、万貴妃は荒れていた。妃候補の清姿には後宮の恐ろしさを伝えて牽制し、掌衣の七巧にはつらく当たる。万貴妃を慰めようと、誕生祝いに男女の楽工の合奏という一計を献じたのは汪直だった。稽古で、楊永は・・・。

王の後宮 第4話

皇帝は、呉皇后の死以来、万貴妃に会おうとしなかった。その上夜ごと悪夢にうなされる万貴妃は、宮中に幽霊が出るという噂がたっていると聞き激怒していた。李尚宮たちを呼び噂を立てた女官を処罰しようとするほどだ・・・。

王の後宮 第5話

万貴妃の不在に、皇帝は寝殿でやけ酒を煽って眠った。目が覚めると、目の前に汪直がいて驚いた。万貴妃を連れてきたのだ。ふたりは仲直りを果たす。一方、春華の楽工局入りの希望を知った七巧は、他の女官の俸禄を盗・・・。

王の後宮 第6話

身の潔白が明らかになり、金が貯まった春華は、小安に楽器を買ってきてもらうよう頼んだ。小安が手に入れたのは、楊永が買おうとしていた素晴らしい楊琴だった。楽工を志す宮女のためと楊永は考えた。皇叔と万貴妃の・・・。

王の後宮 第7話

宮中の太監は勢力を誇示するため、同郷の科挙受験者たちと景山から皇宮を眺めていた。その様子を見つけた皇帝に、汪直は彼らのひとりが宮殿の絵を描いていたのは刺客を宮中に入れるため、引率した太監は五皇叔の側近・・・。

王の後宮 第8話

五皇叔の一件で悪くなった周皇太后と皇帝の関係を修復するため、王淑女を皇后とすることになった。不安を覚えた万貴妃は、当てつけに銭皇太后の誕生日を趣向を凝らして祝うことにする。しかし銭皇太后のもとにも、再・・・。

王の後宮 第9話

万貴妃はついに懐妊し、宮中は活気づく。万貴妃付きの女官となった七巧は、楽工試験が迫った春華の琵琶を他の女官に破壊させる。困った春華は水を入れた茶碗で、父が作った曲を弾き試験を乗り切る。その音色を耳にし・・・。

王の後宮 第1話

父母と死別した紫雲は、幼い頃乞食のような男・汪直を助けた代わりに殴られているところを、邵春華の親子に救われた。その後実の子のように育てられた恩返しのため、春華の替え玉となって宮中入りする。折しも新皇帝・・・。

王の後宮 第2話

婚儀の日、皇帝は祝いの菓子を見て不遇の時代を思い出し、去った。皇帝を待つ万貞児は傷心の様子だったが、皇帝が戻ると大いに喜んだ。寵愛を争った呉皇后は、万貴妃を平手打ちしたことから宮中で排斥されてしまう。・・・。

王の後宮 第3話

呉皇后の死は女官が毒を持ったとされ、宮中では噂が飛び交った。心を傷めた周皇太后は、3日間皇帝の引見を拒んだのち激しい言葉を浴びせた。万貴妃は死んだ呉皇后の寝殿へ引っ越しを試みることで、皇帝の信任を得た・・・。

王の後宮の概要

「王の後宮」は、2011年に中国で製作された中国ドラマです。ここでは王の後宮のキャストやスタッフ情報などをまとめています。