隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第60話

尉遅恭(うっちきょう)に捕らえられ劉武周(りゅうぶしゅう)の元へ連れてこられた秦瓊(しんけい)は、拷問を受けるが、その卑劣なやり方に怒った尉遅恭は秦瓊を逃がす。その翌日、戦場で秦瓊に敗れた尉遅恭は故郷・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第61話

羅成(らせい)が尉遅恭(うっちきょう)に勝ったことを知った王世充(おうせいじゅう)は、次の戦いで秦瓊(しんけい)たちを生け捕りにしたら、単盈盈(ぜんえいえい)と祝言を挙げさせると約束する。しかし、盈盈・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第62話

李世民(りせいみん)は単雄信(ぜんゆうしん)に対し、二賢荘での一件を謝罪するが、雄信は投降を固く拒む。王世充(おうせいじゅう)は李世民に完敗し洛陽は陥落、捕らわれた単雄信は兄弟たちの前で望みどおり斬首・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第58話

単雄信(ぜんゆうしん)は、瓦崗寨(がこうさい)の英雄を自陣に引き入れたい王世充(おうせいじゅう)の策にはまり、公主を娶ることになる。李密(りみつ)に愛想を尽かし、瓦崗寨から一人また一人と好漢が去り、つ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第59話

劉武周(りゅうぶしゅう)に強さを認められ先鋒を任された尉遅恭(うっちきょう)は、白壁関(はくへきかん)を奪うことに成功する。李世民(りせいみん)は白壁関を奪還し尉遅恭を帰順させようと出兵するが、唐軍が・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第52話

瓦崗軍(がこうぐん)は楊林(ようりん)から、銅旗陣を破りに来いという挑戦状を受ける。反隋の王たちも同じ挑戦を受け、紫金山(しきんざん)に集まる。銅旗陣に参加することを命じられた羅芸(らげい)は瓦崗軍を・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第53話

程咬金(ていこうきん)はしびれを切らし、斉国遠(せいこくえん)と共に李密(りみつ)をけしかけ、夜中に銅旗陣を探りに行くが、尚師徒(しょうしと)の猛攻に遭い、秦瓊(しんけい)に救われる。だが、秦瓊はこの・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第54話

瓦崗軍(がこうぐん)が抜け駆けをしようとしていると思い込んだ4人の反隋の王が、銅旗陣に奇襲をかけるが、待ち伏せに遭い全滅に終わる。義軍は宇文成都(うぶんせいと)の陣を攻めた。銅旗を奪う戦いは凄惨を極め・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第55話

宇文化及(うぶんかきゅう)は北平に戻る羅芸(らげい)を討ち、北平王府を襲うと、王妃と羅松(らしょう)を殺して兵符を奪い、羅成(らせい)を捕らえた。漁夫の利を狙い、戦いを静観していた竇建徳(とうけんとく・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第56話

楊広(ようこう)は臣下に責められていた。そこへ宇文化及(うぶんかきゅう)が現れ、朱貴児(しゅきじ)と楊杲(ようこう)を殺害し、それを見た楊広も自ら命を絶つ。父から玉璽を探すよう命じられた宇文成都(うぶ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第57話

羅成(らせい)は人が変わったように単盈盈(ぜんえいえい)を避けるようになる。そして、そんな2人の間に、竇線娘(とうせんじょう)が割り込んできて・・・。李密(りみつ)が玉璽と引き換えに蕭美娘(しょうびじ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第47話

反隋の王たちの反乱を討伐するため、楊広(ようこう)は、負傷した宇文成都(うぶんせいと)に代わり、李元霸(りげんは)が先鋒を務めるよう命じる。秦瓊(しんけい)は、龍舟(りゅうしゅう)に捕らわれている玉郡・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第48話

李元霸(りげんは)の前に無残に敗れ去った反隋の王たち。連合軍は、隋の包囲を何とか突破すると一旦解散し再会を誓った。程咬金(ていこうきん)は単騎、揚州に向かい、そこで王世充(おうせじゅう)と会う。王世充・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第49話

楊広(ようこう)の寝所に忍び込んだ程咬金(ていこうきん)は、捕らえられて死罪を言い渡されるが、李密(りみつ)に助けられる。李密は蕭美娘(しょびじょう)から程咬金を連れて瓦崗寨(がこうさい)へ逃げるよう・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第50話

李密(りみつ)の改革が一定の成果を上げる中、王伯当(おうはくとう)は、揚州に攻め入るため、虹霓関(こうげいかん)を奪うことを提案する。王伯当は、虹霓関の主である新文礼(しんぶんれい)を討つが、その妻で・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第51話

王伯当(おうはくとう)は東方玉梅(とうほうぎょくばい)を娶ったが、程咬金(ていこうきん)に玉梅のことを“尻軽”と揶揄され、思わず玉梅とけんかをしてしまう。出て行った玉梅を連れ戻すよう命じられた咬金と伯・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第44話

運河工事の工夫が大勢死亡した件で、容疑者が捕らえられるが、李世民(りせいみん)はそれに納得がいかず・・・。楊広(ようこう)の一行が晋陽に到着。行宮に満足げな楊広だったが、宇文化及(うぶんかきゅう)が“・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第45話

兄たちが王に封じられたと聞き、李元霸(りげんは)は自分も王にしてくれるよう楊広(ようこう)に頼む。宇文成都(うぶんせいと)との力比べで、見事に勝った李元霸は、趙(ちょう)王に封じられる。完成した運河を・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第46話

仇討ちを心に誓う単盈盈(ぜんえいえい)は、皇帝に献上される娘に混じって龍舟(りゅうしゅう)に乗り込み楊広(ようこう)を刺殺しようとし、刃を向けるところまでいくが失敗し捕らわれる。盈盈が宇文成都(うぶん・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第37話

北平(ほくへい)王府に監禁されていた羅成(らせい)は、仮病を使って脱出し、瓦崗寨(がこうさい)に急いだ。道中、父の友人である丁延平(ていえんへい)と会うが、丁延平は、一字長蛇(いちじちょうだ)陣の指揮・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第38話

羅成(らせい)は丁延平(ていえんへい)から一字長蛇(いちじちょうだ)陣について教わり、先を急いだが、途中、怪我をした単盈盈(ぜんえいえい)に出会い・・・。瓦崗寨(がこうさい)では楊林の挑発に乗った金城・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第39話

陣の図を盗みに行った謝映登(しゃえいとう)だったが、罠にはまり檻に閉じ込められる。しかし、謎の人物の助けで無事に脱出するが、その人物は陣の図を奪い、“返してほしければ、瓦崗寨(がこうさい)のある人物に・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第40話

兵法を学んでいた宇文成龍(うぶんせいりゅう)が宇文化及(うぶんかきゅう)のもとに帰ってきた。瓦崗寨(がこうさい)討伐の任を受けた裴仁基(はいじんき)父子が参内すると、楊広(ようこう)は宇文成龍と碁の対・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第41話

ひと月で行宮を建てよとの勅命を受け、李淵(りえん)は頭を抱えていた。李世民(りせいみん)は、天雷寺(てんらいじ)を行宮に改修する許可を得ようと住職のもとを訪れる。裴元慶(はいげんけい)は、出兵したもの・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第42話

瓦崗寨(がこうさい)攻めで目に石灰をかけられ退却した裴元慶(はいげんけい)は、棒打ち刑を受け倒れる。宇文成龍(うぶんせいりゅう)のいやがらせで、治療も受けられずにますます衰弱する元慶。見かねた姉の裴翠・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第43話

裴元慶(はいげんけい)は、負けたら瓦崗寨(がこうさい)に投降するという条件で羅士信(らししん)と力比べをし、敗れて瓦崗寨(がこうさい)に降った。李世民(りせいみん)が天雷寺(てんらいじ)で工事を指揮し・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第36話

一族が李淵(りえん)に皆殺しにされたと知り、単雄信(ぜんゆうしん)は敵討ちのため瓦崗寨(がこうさい)を飛び出すが、攻めてきた魏文通(ぎぶんつう)に殺されかけ、秦瓊(しんけい)に救われる。楊林(ようりん・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第28話

それぞれ秦瓊(しんけい)の母の誕生祝いに向かう単雄信(ぜんゆうしん)と王伯当(おうはくとう)の一行と羅成(らせい)の一行が、鉢合わせし、不穏な空気が漂う。歴城県に盗賊がぞくぞくと入ったとの知らせを聞き・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第29話

程咬金(ていこうきん)は怒って帰ってしまった羅成(らせい)を連れ戻そうと出ていくが、楊林(ようりん)に捕らわれてしまう。その時に酒楼の名をうっかり口にしてしまったため、好漢たちは秦瓊(しんけい)の家に・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第30話

秦瓊(しんけい)の屋敷に集まった緑林の仲間たちは、反隋を誓い兄弟の契りを交す。その直後、盗賊の行方を調べている薛亮(せつりょう)が配下を連れて秦瓊の屋敷にやってくる。秦瓊の母に挨拶をしたいということだ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第31話

秦瓊(しんけい)が緑林の者たちとつながっていることを知った楊林(ようりん)は、自分の元へ戻るよう説得するが、秦瓊は、楊林が自分の父を殺したことを告げ決別した。秦瓊の母、羅士信(らししん)、単盈盈(ぜん・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第32話

秦瓊(しんけい)たちは罪人を護送する一行に扮し、魏文通(ぎぶんつう)を欺いて潼関(どうかん)をうまく通過する。その後、楊林(ようりん)から話を聞いた魏文通に追われるが、偶然居合わせた士信(ししん)に助・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第33話

各国の勇士が腕前を競う武術大会では、宇文成都(うぶんせいと)が圧勝。隋は面目を大いに保った。その頃、拠点を求める秦瓊(しんけい)たち義軍は、瓦崗寨(がこうさい)と手を組もうと考え、寨主の?譲(てきじょ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第34話

瓦崗寨(がこうさい)に突然、大きな穴が出現した。徐茂公(じょもこう)の指名で底に下りた程咬金(ていこうきん)は、龍袍と金印を発見し、これぞ天意だと、皇帝に推戴される。建国を祝う酒宴で皆が酔っていた時、・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第35話

楊広(ようこう)は楊林(ようりん)に対し、瓦崗寨(がこうさい)の反乱軍の討伐を命じた。郡主(ぎょくぐんしゅ)の身に危険が及ぶのを案じた宇文成都(うぶんせいと)は、瓦崗寨に単身乗り込んで・・・。李淵(り・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第26話

楊林(ようりん)は祝言の席で、かつての殺した強敵の甲冑を秦瓊(しんけい)に贈った。秦瓊はそれが父のものだと覚り、祝言の晩、登州を去った。玉郡主(ぎょくぐんしゅ)は秦瓊の苦悩の理由を知らなかったが、共に・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第27話

玉郡主(ぎょくぐんしゅ)は、楊林(ようりん)が秦瓊(しんけい)の父の敵(かたき)だと知り悲しみ悩んだ末に、秦瓊を陰で支え、姑に孝を尽くすことで父の罪を償おうと心に決める。楊広(ようこう)は、竇建徳(と・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第20話

伍雲召(ごうんしょう)討伐の軍の元帥となった羅芸(らげい)は、雲召を逃がすためわざとゆっくり進軍した。宇文化及(うぶんかきゅう)から伍雲召を殺せと命じられた麻叔謀(ましゅくぼう)は、しびれを切らし、先・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第21話

羅芸(らげい)、羅成(らせい)、宇文成都(ぶんせいと)、麻淑謀(ましゅくぼう)の4人で南陽を四方から包囲することになった。羅芸はひそかに伍雲召(ごうんしょう)に早く逃げよと知らせるが・・・。幼い息子だ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第22話

玉郡主(ぎょくぐんしゅ)を連れて済南に戻った秦瓊(しんけい)は郡主を知り合いの宿に預けた。押し込められていた程咬金(ていこうきん)は抜け出して、強奪した貢ぎ物の銀子を民に配り始めるが、罪がばれるのを恐・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第23話

秦瓊(しんけい)を追い返そうと、尤俊達(ゆうしゅんたつ)は程咬金(ていこうきん)の母に死んだ振りをさせ喪中を装うが、その魂胆を見抜かれてしまう。ところが、程咬金の母のふとした言葉から、秦瓊と程咬金の関・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第24話

秦瓊(しんけい)はまさに斬首されようとしていたが、登州に戻ってきた玉郡主(ぎょくぐんしゅ)が楊林(ようりん)に秦瓊を許すよう乞い、秦瓊から事情を聞いた楊林は、その覚悟に心を打たれ、罪を許して、13番目・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第25話

若い娘の失踪事件を調査することになった玉郡主(ぎょくぐんしゅ)と秦瓊(しんけい)は、見事犯人を捕まえるが、その裏には・・・。都では、陳宣華(ちんせんか)と蕭美娘(しょうびじょう)が張麗華(ちょうれいか・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第15話

李淵(りえん)が建てた瓊五大帝(けいごたいてい)の廟で李如輝(りじょき)と斉国遠(せいこくえん)が騒ぎを起こし、李如輝が徐茂公(じょもこう)に捕らえられる。報告を受けた秦瓊(しんけい)たちは急ぎ向かう・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第16話

父・文(ぶん)帝を毒殺しようとした楊広(ようこう)だったが、文帝の優しい言葉にいったん思いとどまる。長安で贈り物を届けた秦瓊(しんけい)一行は祭りを見物。そこで偶然、宇文恵及(うぶんけいきゅう)の悪行・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第17話

宇文成都(うぶんせいと)は叔父を秦瓊(しんけい)たちに殺されたと知り彼らを追う。秦瓊が逃げ込んだ先は偶然にも叔父・邱瑞(きゅうずい)の屋敷だった・・・。高?(こうけい)と玉郡主(ぎょくぐんしゅ)は詔(・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第18話

玉郡主(ぎょくぐんしゅ)と楊勇(ようゆう)を捕縛し、遺詔を取り戻すよう命じられた宇文成都(うぶんせいと)は、楊勇は捕らえるが、玉郡主は密かに匿った。伍建章(ごけんしょう)の一族は皆殺しと決まり、南陽に・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第19話

監禁した楊勇(ようゆう)を訪れた楊広(ようこう)は、命乞いをされるが情け容赦なく実兄の命を奪う。宇文成都(うぶんせいと)は玉郡主(ぎょくぐんしゅ)を守るため、柳州に送ろうとするが、護送を託した李忠(り・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第12話

故郷に向かっていた秦瓊(しんけい)は、途中で家宝の?(かん)を盗まれ、手がかりを得るため王可君(おうかくん)を訪ねるが、全ては?雄信(ぜんゆうしん)が仕組んだことだったと知る。天涯孤独で怪力自慢の羅士・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第13話

秦瓊(しんけい)は単盈盈(ぜんえいえい)らを連れ帰郷し、母と再会した。その後、羅成(らせい)と2人で唐璧(とうへき)大元帥のもとへ行くが、秦瓊を旗牌長(きはいちょう)に推す唐璧に反対する徠乎爾(らいこ・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第14話

病身の文(ぶん)帝は皇太子・楊広(ようこう)に政務を託し、高?(こうけい)と楊素(ようそ)に補佐を命じた。秦瓊(しんけい)は長安への道中、自害を図ろうとしていた男に会う。男は靠山(こうさん)王の命令で・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第5話

皇太子の廃位を企む楊広(ようこう)は、万年宮(ばんねんきゅう)の造営をめぐり皇太子を罠にはめ、幽閉することに成功する。宇文化及(たかぶんかきゅう)への献上金を強奪した単雄信(ぜんゆうしん)たち。病のい・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第6話

北平(ほくへい)府に到着した秦瓊(しんけい)は、張公瑾(ちょうこうきん)、杜文忠(とぶんちゅう)、白顕道(はくけんどう)たちと会い、北平(ほくへい)王・羅芸(らげい)が審問の際に課す百たたきを免れよう・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第7話

羅芸(らげい)の審問を受けた秦瓊(しんけい)は、百たたきを免れるために仮病を使ったと認めた。激怒した羅芸(らげい)は厳しく罰しようとしたが、ひとまず秦瓊の身の上について聞いた。すると、秦瓊が長年、消息・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第8話

窮地の単盈盈(ぜんえいえい)を救おうとした秦瓊(しんけい)は、武安福(ぶあんふく)と戦い、誤って殺してしまう。武安福の父・武奎(ぶけい)たちは一計を案じ、兵の操練を口実に秦瓊を呼び出し、殺害しようと企・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第9話

息子の武安福(ぶあんふく)を殺された武奎(ぶけい)は秦瓊(しんけい)を腕比べに呼び出し仇を討とうと企む。腕比べでは弓の名手の孫成(そんせい)が秦瓊に勝負を挑むものの、機転を利かせた秦瓊はうまく切り抜け・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第10話

程咬金(ていこうきん)は貢ぎ物の強奪に成功したが、うっかり自分と尤俊達(ゆうしゅんたつ)の名を明かし、人目を忍ぶ暮らしを余儀なくされる。玉郡主(ぎょくぐんしゅ)は貢ぎ物を強奪した盗賊の調査に乗り出し、・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第11話

都では、楊広(ようこう)が皇太子に瓊花公主(けいかこうしゅ)殺しのぬれぎぬを着せることに成功、皇太子は廃位、幽閉され、代わりに楊広が新しい皇太子となる。玉郡主(ぎょくぐんしゅ)は貢ぎ物強奪犯の調査に都・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第4話

秦瓊(しんけい)は宿賃のため愛馬を老人に売るが、その老人は緑林の元締め・単雄信(せんゆうしん)の使用人であった。単雄信は秦瓊の馬だと気づき、秦瓊を捜す。その馬は、以前、単雄信の手下・王伯当(おうはくと・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第1話

西暦589年、晋(しん)王・楊広(ようこう)率いる隋軍が陳を平定し、隋が天下統一を果たした。帝位を狙う楊広は無欲を装い恩賞を辞して、文(ぶん)帝と独狐(どっこ)皇后の賛辞を受ける。緑林の元締め単雄信(・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第2話

楊広(ようこう)は、強大な兵力を持つ靠(こう)山(さん)王・楊林(ようりん)を後ろ盾にしようと、娘の玉郡主(ぎょくぐんしゅ)を娶る策謀をめぐらす。さらに、皇太子派の要、李淵(りえん)の暗殺を謀るが失敗・・・。

隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~ 第3話

北平(ほくへい)王・羅芸(らげい)の息子、羅成(らせい)は乱暴狼藉を働く武安福(ぶあんふく)を懲らしめ、とどめを刺そうとして、楊広(ようこう)との縁組から逃げてきた玉郡主(ぎょくぐんしゅ)に止められる・・・。